Instagram
AmebaBLOG
エンビロン
サロンご予約
ネイルスクール
見学申込み

そう言えば何故美容の道を目指そうとしたのか

そう言えば何故美容の道を目指そうとしたのか

そういえば、何故美容の道を目指そうとしたのか。

幼少期より父が本業以外の副業で、趣味から発展した特許ビジネスでイキイキとした仕事姿を直に見るという環境で育ったことから、仕事の楽しみ方、働くことの楽しさを理解できていたのかなと今改めて振り返っています。

頑張ればその分人に感謝されるという姿を見てきているので、幼少期より「人からありがとう」と言われる仕事をして生意気にも人に感謝されることをしたいと公言していました。

またネイルやメイクをきれいに施している母親を見ても正直何の心境の変化もなければ「早くメイクしたい」などとも思ったこともなく、正直小学生からすでにおっさんのような感性を持ち合わせているヘンテコな子供でした。

テレビより雑誌や本をよく読む子供でしたね。なのでパリコレモデルとかを見て「これは痩せすぎじゃないのか?」と疑問に思い、世界の美の基準を調べて夏休みの課題にしたりとか、いわゆる当時から何故?という思いがとても強い
子供でした。

そんな何とも言えない「宇宙人」と家族からも友人からも学校の先生からも呼ばれる子供でしたが、ドラッグストアでマニキュア、ポリッシュが販売されているをよく眺めていて、「この色を作った人は誰?これは売れるの?一つ売れ
たら利益はいくら?どれくらいの原価なの?」と、純粋に目を輝かせていない物事の見方。

中学生にもなると「これ一つ売れたら利益どれくらい」と店員さんに平然と質問をするような、両親からはよく注意をされていましたね。

高校になり、学業よりも「よっしゃ。物をつくって通販で売るぜ」とネイルファイルを手作りで作りました。
やすりペーパーをホームセンターで買ってきて、ファイルの間に挟むスポンジ素材も買い、接着剤でベトベトに
なりながら両親に手伝ってもらいました。
正直、販売できるレベルのものではありませんでしたが、フリマなどに行き販売しましたね。
そこが原点で商品企画製造は今に至るわけです。

ですので、決してネイルがしたい、ネイルが好きという思いで初めたわけでもなく、メイクを初めてしたのも大学生。
商売っ気が強かったという印象でしょうか。

あまり深く考えずに高校生からネイルスクールやエステスクールに通い、その当時の目的は「将来通販したい」
でしたから何とも整合性の取れない不可解な印象を持たれていました。

大学生になりネイルサロンで働きながらお客様のお爪の施術をし、多くの経験をさせていただきました。
その際に従事していたオーナーから「ネイルスクールの講師をしてくれないか、お前はそれが向いている」と
言われ、有頂天になり勉強をした記憶が蘇ります。

そこでネイルスクールの講師経験をさせていただき、大学卒業後に就職をしながら二足のわらじ生活がはじまるわけです。何を勘違いしたのか、起業をいたしまして、楽天市場デビュー。あれよあれよと売り上げがあがり、従業員も増え
うぇーい!的なノリで過ごす中で人間嫌いになってしまう出来事が多発し、結果として代表を早期に交代をし、従業員の方が楽しめるんじゃない?と雇われの立場に喜びを感じながら現在お仕事させていただいております。

そういった経験の中で職業訓練、求職者支援、専門学校、短期大学、大学、高校でのネイル指導経験もあり正直指導に関しては誰よりも経験していると自負しております。

時代は令和になり、美容業界の移り変わりの速さに日々ワクワクしながらお仕事をしておりますが
私自身がHaoziネイルアカデミーで実現したいことは

●美容、ネイルという枠でコンプレックスや悩みを取り除く仕事でもある
●ネイルを施すことでモチベーションにつながり日々の充実感に繋がるお客様もいらっしゃる
●講師としての経験を伝えることも大事。ただ公表されている検定基準に則り検定取得を行うことで自信に繋がる
●即戦力とはサロンですぐに接客できる能力という意味ではない。今以上に成長したいという努力や姿勢、実行力のこと。
在学中にネイルで求められる技術やカウンセリング能力を徹底的に磨くこと。
●先生と生徒の垣根をなるべくフラットにすること。なんでも話せて相談できる、決して技術指導だけの関係じゃない話しやすい関係をお互いに構築すること。

自分自身が経験してきたことを総合的に判断すると上記にまとまりました。
今更ながら美容の仕事をしてきてよかったなと実感する出来事も多いです。

一貫性がないようである、結局のところ業界のすべてを渡り歩きながら経験値を増やしてきて今があります。
自信を持って言えることは「教育すること、人に教えることが好き」なんです。
何故なのでしょうか。サロンでお客様に施術をすることも達成感を感じるわけですがそれ以上に、何十倍も
感動ややりがいを感じるのです。専門が変わっただけで根本にあるものは同じなのです。

今までにないワクワクするネイルスクール環境を整えています。
すでに3月4月は満員御礼。
5月から神戸北野坂に移転OPENし洗練された場所で一緒に歩みを深めましょう。

↓